京都大学 地盤環境工学研究室

地盤環境工学研究室

京都大学大学院工学研究科建築学専攻 竹脇 出 教授

研究室HPはこちら

研究室連絡先 竹脇 出教授(E-mail: takewaki@archi.kyoto-u.ac.jp)

研究内容のご紹介

<耐震・免震からハイブリッド制振へ: 先端的制振技術を用いたレジリエントで安全・安心な建築物の実現に向けて>
不確かな地震動に対して建物を安全に設計するには,これまでの耐震技術を超えた先端的な技術を開拓し導入する必要があります。本研究室では,免震・制振技術を用いて不確かな地震動や地盤特性・建物特性に対しても対応可能な高い冗長性を有するレジリエントな建築物(レジリエント建築)を設計する方法について研究しています。具体的には以下のようなテーマについて研究を行っています。
(1) 不確かな地震動入力や建物・地盤特性に対してもレジリエントな先端的制振機構のメカニズムに関する研究=> 通常の免震・制振技術よりも一歩先を見据えたレジリエントな先端的制振機構のメカニズムに関する研究を行なっています。
(2) 構造物のスマート同定法に関する研究=> 構造物のスマート同定法は,ハイブリッド制振技術を用いた振動抑制効果の検証にとって欠くことのできないものとなっています。
(3) ダブルインパルスやマルチインパルスを用いた建物の弾塑性簡易解析法=> 断層近傍地震動や長周期・長時間地震動に対する弾塑性共振極限応答を数式で簡易評価します。

主な論文

  1. (1) I.Takewaki, Optimal damper placement for minimum transfer functions, Earthquake Engineering and Structural Dynamics, Vol.26, No.11, pp.1113-1124, 1997.
    https://doi.org/10.1002/(SICI)1096-9845(199711)26:11<1113::AID-EQE696>3.0.CO;2-X
  2. (2) K.Fujita and I.Takewaki, Critical correlation of bi-directional horizontal ground motions, Engineering Structures, Vol.32, No.1, pp.261-272, 2010.
    https://doi.org/10.1016/j.engstruct.2009.09.013
  3. (3) I.Takewaki, S.Murakami, K.Fujita, S.Yoshitomi and M.Tsuji, The 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake and response of high-rise buildings under long-period ground motions, Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Vol.31, No.11, pp.1511-1528, 2011.
    https://doi.org/10.1016/j.soildyn.2011.06.001
  4. (4) K.Kojima and I.Takewaki, Critical earthquake response of elastic-plastic structures under near-fault ground motions (Part 1: Fling-step input), Frontiers in Built Environment, Volume 1: Article 12, 2015.
    https://doi.org/10.3389/fbuil.2015.00012
  5. (5) K.Fujita, Y.Fujimori and I.Takewaki, Modal-physical hybrid system identification of high-rise building via subspace method and inverse-mode method, Frontiers in Built Environment, Volume 3: Article 51, 2017.
    https://doi.org/10.3389/fbuil.2017.00051

その他研究成果

震度7の地震動を短時間に連続して経験したときに必要となる耐震性能の定量化に関する研究(2016年熊本地震に関連して、新聞各紙、テレビ等で紹介)

学生からの声

企業様等との共同研究内容

共同研究先の例は以下の通りである.

関連記事

  1. 京都大学 景観設計学研究室

  2. 京都大学 都市基盤システム工学研究室

  3. 京都大学 災害リスクマネジメント工学研究室

  4. 京都大学 地盤環境工学研究室

  5. 京都大学 橋梁工学研究室

  6. 京都大学 建築耐震工学研究室